愛犬・さくらとの北国暮らし。北海道の四季の移り変わりを感じながら、日々の散歩や冒険を綴ります☆


by さくとも

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

《さくらの冒険》浦臼・いこい..
at 2017-04-18 10:17
《地元訪問レポート》長沼ドラ..
at 2017-04-13 18:42
《地元訪問レポート》長沼ドラ..
at 2017-04-12 21:13
ささやかな日常に。ありがとう
at 2017-03-25 10:57
1週間遅れの
at 2017-03-10 10:01

カテゴリ

全体
さくらの日記
さくらアルバム
季節の記録
さくらの冒険
地元訪問レポート
動画
健康・からだ

タグ

(258)
(148)
(81)
(49)
(42)
(26)
(24)
(20)
(20)
(19)
(13)
(9)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)
(2)
(2)

最新のコメント

> かずたまゆきさん ..
by pestisida-alam at 20:56
こんにちは~^^ 浦臼..
by かずたまゆき at 14:28
しぞーかの無線技士さん ..
by pestisida-alam at 09:32
日常が徐々に戻ってきてい..
by aki121314 at 21:38
> aki121314さ..
by pestisida-alam at 14:13

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

メモ帳

【柴犬さくらプロフィール】
2008年7月25日生まれ(♀)
体重9.6kg(H28.5現在)
北海道の空知在住
信州生まれ、鎌倉育ち☆
2歳4ヶ月で北海道へ移住
食欲旺盛な元気っ子
人も犬も大好き、とりわけ猫を見かけると猛烈ダッシュして玉砕の繰り返し☆

以下のランキングに参加中☆
よろしくお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道央情報へ
にほんブログ村

Pestisida_Alamをフォローしましょう

最新のトラックバック

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

食卓から愛をこめて
高原淳sogo-p写真的...
963-7837
凛☆として
ValoreLog
気の向くままに
Prenons un r...
なよら風
プティラパン petit...
鎌倉湘南 薬膳ヨガライフ
SORA PHOTO
へっぽこハイカーのフォトログ
少し止まってまた歩き出そう
北鎌倉の無肥料自然農法の畑から
* 星に願いを *
advance*k
オーク、熟成中
空 -Sora-
銀塩とデジタルが写す自然と生命

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
犬

画像一覧

カテゴリ:地元訪問レポート( 39 )

《地元訪問レポート》当別・亜麻まつりへ①

7/20(月)

こんばんは。
今日は海の日。祝日でしたね。
我が家とさくらには縁遠い祝日、いつもの月曜のように
過ごしておりました。

さて、久しぶりに地元イベント訪問です。
先々週の7月12日(日)、
当別町の亜麻まつりに行って来ました♪
なんと3年越しの夢。

e0227023_23362967.jpg


というのも亜麻は早朝からお昼前までしか咲かない花。
午後には散ってしまうのです。
そのため、お祭りも朝7時から昼の13時まで。
そんなわけで、休日はぐーたらしている我が家(笑)、
なかなかご縁がなかったのでした。

《可憐な亜麻の花。昼には散ってしまう》
e0227023_23331721.jpg


しかし今年は前日からばっちり意気込んで準備。
お祭り開始早々に到着、亜麻の糸紬体験など満喫しながら、
楽しく過ごしてきました〜。

《メイン会場には旧小学校の屋内会場と、外にはテントが並ぶ。》
e0227023_23381316.jpg


《亜麻の繊維を糸にする。ここは日陰なのでさくらも一緒》
e0227023_2349965.jpg


《これが、歌にいう亜麻色の髪!金髪っていうか銀髪だね!》
e0227023_23495296.jpg


《亜麻の糸紬体験。慣れると楽し〜♪》
e0227023_23383130.jpg


《足踏みミシンみたいにして、踏みながら、この木の車輪をまわします》
e0227023_23384568.jpg


私が糸紬に夢中の間、暑さにやられ始めたさくらは、木陰で一休み。
一休みと言うか、しばらくつながれっぱなし(笑)。

《放置時間が長過ぎて、ちょっと不満げ?》
e0227023_2341207.jpg


お祭り会場側の旧小学校の校舎を利用したイベント会場。
こちらは、手作り家具の「旅する木」さんで有名ですね。カフェもある!
ステキな木のぬくもりに長居したくなりましたが、
さくらが待っているので我慢がまん。
e0227023_2341549.jpg


亜麻の繊維で作った織物や、実を使った亜麻仁油(アンチエイジング!)、
蕎麦、クッキー、パンなどなどの食品。健康に良さそうな感じです。
e0227023_23422765.jpg


《テレビ取材もきてました》
e0227023_23424363.jpg


あんまりさくらを待たせてはと、一回りしたら外へ。
テントコーナーを一緒に物色。
観賞用亜麻の鉢植えや、美味しそうな食べものたち。
e0227023_23432349.jpg


《バーガー、フランクフルト、食べました》
e0227023_2346508.jpg


《無添加ベーコンもお土産に》
e0227023_2348071.jpg


お次ぎは亜麻畑へ。
なのですが、長くなりましたので、続きは次回に!

e0227023_2356648.jpg


いつも読んでくださってありがとうございます♪

「さくらかわいい♡」「ブログ楽しかった!」

↓そんなときは、これからもワンクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
[PR]
by pestisida-alam | 2015-07-20 23:53 | 地元訪問レポート | Trackback | Comments(2)

《地元訪問レポート》さくら、今年もたきかわ菜の花まつりへ行く

こんにちは。
ごぶさたしています!
さくらも私も元気です。

2014年6月1日のこと、
柴犬さくら、今年もたきかわ菜の花まつり(2014)、行ってきました!
(ずいぶん前のできごとで今更アップするのは恥ずかしかいのですが、お許しを☆)

去年のさくら、確実に今より痩せてました汗
当時も「おでぶちゃん」とからかって言ってた記憶があるので、
いったいどこまで太り続けるのか。。
去年の記事はこちら→2013たきかわ菜の花まつり
e0227023_14163811.jpg


今年は展望台のある会場に駐車場がなく、他のお客さんの真似をして路駐してましたが、
朝早く行ったのがよかったみたい。
わたしたちがそこを後にしたのは9時半くらい。
その後ぞくぞくお客さんが詰めかけて大混雑だったらしい。
おかげで、メイン会場でも良い位置にすんなり駐車。

《菜の花の道を行く。陰もなくカンカン照りです。》
e0227023_1416234.jpg

e0227023_14162919.jpg


《休憩におやつをおねだり》
e0227023_14165149.jpg

e0227023_1417022.jpg


《今回一押しのショット》
e0227023_1417639.jpg


ラーメン、おいしかったです。
いろいろ、滝川のおいしいお店が集結していました。

《メイン会場でお昼ごはんを物色》
e0227023_14171393.jpg


《ヤマキさんの巻寿司、お餅、おすすめです☆》
e0227023_14172650.jpg


《出会いがいくつかあったものの、気は合わず》
e0227023_14173317.jpg


《さくらは食べられません》
e0227023_14174727.jpg


じゃがいものつめ放題も楽しかった!
そしてインカ、素揚げにしたら、おいしかった!
某有名ファームレストランにも納品しているおいもとか。一袋100円、ラッキー!

《丸加高原伝習館前。おもちつき、引き馬体験、菜の花販売、などなど》
e0227023_14175912.jpg


《つきたてもちに菜の花をまぜて無料試食。菜の花てんぷらも!》
e0227023_1418345.jpg


《大量のじゃがいもです》
e0227023_14181584.jpg

e0227023_14182387.jpg


さくら、暑くてバテバテでした。
お昼過ぎには撤収。良い休日でした◎
e0227023_1418417.jpg



いつも読んでくださってありがとうございます♪
「さくらかわいい♡」「ブログ楽しかった!」
↓そんなときは、これからもワンクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
[PR]
by pestisida-alam | 2014-07-31 14:32 | 地元訪問レポート | Trackback | Comments(2)

柴犬さくら、奈井江町・芝桜まつりへ行く

こんにちは!

さくらのお出かけネタがたまってきて、ブログに書きたいのですが、
なかなか時間と気力が追いつかず。。

先月の話になってしまいますが、
5月25日に開催された奈井江町芝桜まつりに行ってきました。
e0227023_1039443.jpg


今回は、さくらの冒険+地元訪問レポート、ということで、
タイトルが「柴犬さくら、奈井江町・芝桜まつりへ行く」!
あれれ!柴と芝がかかってる~(笑)

奈井江町で毎年開かれている芝桜まつりは今年、2014年で24回目。
奈井江町の大企業・北海道住電精密(株)さんが設立10周年のときに
記念して行われたのがはじまりで、毎年、住電さんの構内に
たくさんの芝桜が咲き、そこが会場となってお祭りが開かれています。

町内外からもたくさんのお客さんがつめかけて、
いろいろな電気製品があたる(会社柄ですね)抽選会は大盛り上がり。
今年は天候に恵まれ、恵まれすぎて夏日のような暑さ。
奈井江町の物産や美味しい軽食も大人気で、焼き鳥は早々に売り切れ。
こんな日はかき氷も魅力的でした☆
《人の多さにびびり気味のさくら》
e0227023_1040557.jpg

e0227023_10403822.jpg


わたしたちも、何か食べようと物色していたところ、
人の多さと暑さでさくら、ばて気味。涼しい木陰でひと休み。
木陰がたくさんあるのがうれしいですね。

インディアンフランク、奈井江特産シイタケ入りカレー、お稲荷さん。
からあげも美味しそうでしたが、行列でしたので並ぶ元気はなく。
商工会のみなさんお手製による窯焼きピザ(その場で焼きます)も大人気でした。
e0227023_10405689.jpg


お腹がいっぱいになったら、
構内の芝桜をみながらお散歩して帰りました。
e0227023_10411386.jpg

e0227023_10412582.jpg



いつも読んでくださってありがとうございます♪
最近ちょこちょこワンクリックくださってる方、嬉しいです☆
「さくらかわいい♡」「ブログ楽しかった!」
そんなときは、これからもワンクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
[PR]
by pestisida-alam | 2014-06-19 10:45 | 地元訪問レポート | Trackback | Comments(0)

《地元訪問レポート》雑穀メニュー試食会in奈井江

昨日3/15(土)、奈井江町のみなクルで、奈井江町で栽培された雑穀を使って、
雑穀メニューの試食会が行われました。

主催は、雑穀で特産品作りを進める奈井江町白山地区の農家女性グループ「白山ふぁー夢」さん。

健康を考えて玄米や雑穀米は私も時々食べていますが、雑穀を使って惣菜など
お料理はしたことがないので、奈井江町産の雑穀販売も行われるということで、
勉強もかねて行ってきました~☆

《もっとたくさんの人で賑わってたのですが、先に試食に専念していまい(笑)、タイミングを逃しました~》
e0227023_23425930.jpg

e0227023_23433610.jpg



試食メニューは、雑穀入りのご飯、雑穀入りのハンバーグ・ポテトサラダ、黒千石の煮豆、黒千石茶。
少ない量ではありますが、一食一通りのアイテムが揃って、11時という時間もあって、
軽くお昼をいただいたような感じ。雑穀ご飯はしっかりと雑穀の味を感じながら。
ポテトサラダとハンバーグは、雑穀をゆでてから混ぜ合わせているというお話でしたが、触感が楽しめて、
味を邪魔しません。サラダで食べても硬さを感じず食べやすかったです。
e0227023_23445471.jpg

e0227023_23451686.jpg

e0227023_23453118.jpg


こちらで使用した奈井江産の雑穀には7種類のものが入っていました。
たかきび、黒千石、もちきび、黒米、いなきび、もちあわ、アマランサス。
ぷちぷちのアマランサス、響きに魅かれます~。栄養価の高さでも注目されてるみたいですね。
一つ私も購入しました。私も栽培してみようかな~なんて考えてみましたが、
でも少量では収穫後が大変ですね。。

会場では、雑穀を使ったパンや大福、他にいろいろの特産品販売もあって、
にぎやかでした。その中でもいちご大福は目を引きました~。
あの大きさでこの値段は安い!地元ならではですね。

《雑穀は、7穀入りの100gで400円。まだ収量が少ないので限定販売だそうです》
e0227023_23463087.jpg


《雑穀入り大福は冬まつりで買って食べました。しっかりした歯ごたえでおいしい☆》
e0227023_23464671.jpg

e0227023_234721.jpg


民生委員の女性部による手作り小物。
ふくろうが可愛らしく(しかも100円!)、おばあちゃんのお土産に買いました。
e0227023_23472452.jpg

e0227023_23473985.jpg


都会の某ロハス食品店などに行くと、かなり需要もあり、割高な雑穀商品も、農家の皆さんの手にかかると、
こんなに安心・安全・リーズナブルに、しかもアットホームな出会いと共に購入できます。
田舎の(しかも地元産!)特権ですね☆


《会場で購入したものです。肘上まである手作り腕抜き。ふくろうのおまけに二つのストラップ。そして雑穀》
e0227023_23475854.jpg


地域ブログ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by pestisida-alam | 2014-03-17 00:04 | 地元訪問レポート | Trackback | Comments(0)

《地元訪問レポート》第12回たきかわ紙袋ランターンフェスティバル

こんばんは~☆
朝晩冷え込みますが、
日中は気温が高く春の日差しですね。
冬もそろそろ終わりでしょうか。

先日の土曜日、最期の冬を彩る
幻想的な灯りのフェスティバルが開かれました。

第12回たきかわ紙袋ランターンフェスティバル
白い雪にランタンの灯りがこぼれてとってもきれいなんです。
それが滝川の町中を埋め尽くし、商店街の明かりは消されて、
不思議なアート空間が広がっていました。
e0227023_2101734.jpg


このお祭りは市民の手で製作から運営まで行われ、
市の観光や商工関係者のバックアップによって成り立っています。
幼稚園の子供たちから病院・企業、たくさんの人々が作った
1万数千個の紙袋でできたランターンが火を灯し、
たった3時間であとかたもなく消え去ってしまいます。
e0227023_2111537.jpg

e0227023_2113595.jpg

e0227023_211498.jpg


紙袋に画や飾りを施し、その中に雪を入れて、
そこにろうそくを立てて火を灯す。
とっても簡単で安全なランターン。
でもその美しさはまさにアートそのものです。

《芸術作品もありますが、子どもの作ったランターンが微笑ましく見ていて笑顔になってしまいます☆》
e0227023_2122715.jpg

e0227023_213520.jpg


ワークショップに参加して作ったランターンも飾ってくれます。
来年はぜひランターン作りにも挑戦して(今年は1ヶ月間ほどワークショップコーナー開いてたみたいです)、
このフェスティバルに足を運んでみてはいかがですか?

《わたしが作ったランターン、ワークショップ会場のみんくる前に飾ってありました♪嬉しい☆》
e0227023_214384.jpg

e0227023_2143059.jpg



追伸
さくらはおうちでお留守番でした。
さくら日記はまた次回☆
e0227023_2175893.jpg



いつも見てくださってありがとうございます☆
応援クリック嬉しいです☆
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by pestisida-alam | 2014-02-24 21:10 | 地元訪問レポート | Trackback | Comments(0)

《地元訪問レポート》ないえ冬まつり、行ってきました♪

去る、2月1日(土)、
奈井江町の交流プラザみなクルにて、「’14ないえ冬まつり」が行われました。
吹雪いたり、晴れたり、天候はめまぐるしい変わりようでしたが、
たくさんの方が町内外から訪れて、楽しんでいました。
わたしも、作ったビデオを会場で流してもらって参加しましたが、
食べたり、写真撮ったり、楽しみました☆

《開始直前は晴れてましたが、どんどん雪も降ってきて。吹雪くことも。でも晴れ間もあったので◎》
e0227023_15193754.jpg

e0227023_15195897.jpg

e0227023_15513676.jpg


この時期、あちらこちらで開かれる冬のイベント。
雪像づくりや、雪の滑り台、雪合戦、などなど、冬を楽しむためのいろんな試みがありますが、
ここ奈井江町では、重さ200㎏もある大型タイヤに1人のせて、大人4人で引っ張り
タイムを競う「人間ばんば」が目玉イベント。
日中の予選、日が暮れてからの上位2チームによる決勝と、白熱した戦いをみせてくれました☆
e0227023_15213653.jpg

e0227023_1522123.jpg

e0227023_15223138.jpg

e0227023_15225182.jpg


今年は、昨年オープンした交流プラザみなクルをホームにして、
室内での子供イベント、中学生アイドルのぞみちゃんのライブイベント、フリマや物品・飲食販売、
室外みなクル前広場でのキャンドルギャラリー、子ども宝さがし、消防車体験、そして、人間ばんばと、
室内・室外両方を大きく利用したお祭りで、休憩スペースも広く、
子ども連れのお母さんや、高齢者の方にも、利用しやすかったみたいです。
寒さを楽しむための冬のイベントですが、天候不順のときなど、避難場所の確保もまた、寒に弱い方には必須ですね☆
e0227023_15232957.jpg


《右のモニターにつくった映像二つ流してもらって、奈井江町の宣伝&ビデオ制作の宣伝中☆》
e0227023_15235615.jpg

e0227023_15241537.jpg



奈井江ならではの企画商品「みなクルミームパン」揚げたて、美味しかったです☆
(クルミとカスタードクリームが入ってました)
e0227023_15244315.jpg

e0227023_15245792.jpg


道の駅ハウスヤルビにも出店している土梨夢さんの雑穀大福、美味しく健康になります!
開店当初から、お客さん殺到でした~。
e0227023_15251374.jpg


元気いっぱいの子どもたち、見てるこちらも元気になります!
e0227023_1526267.jpg

e0227023_15281226.jpg

e0227023_15284089.jpg

e0227023_1529374.jpg


のぞみちゃん、キレキレダンスを披露してくれて、子どもたち、夢中になってました☆
e0227023_15292921.jpg

e0227023_15294658.jpg

e0227023_1530293.jpg


他にも、たくさんのおいしいもの、たのしいもの、盛りだくさんでした☆
町内外の皆さん、来年もぜひご参加ください♪
e0227023_15313836.jpg

e0227023_15315721.jpg




追伸
《おまけ。夜になって駆け付けてくれた夫とさくら。さくらが動くのでアップはぶれぶれでした。》
e0227023_15321411.jpg

[PR]
by pestisida-alam | 2014-02-04 15:53 | 地元訪問レポート | Trackback | Comments(0)

《地元訪問レポート》手作りマーケットinゆう @砂川市地域交流センターゆう

こんばんは☆

去る12月8日(日)、砂川市の地域交流センターゆうで、
「手作りマーケットinゆう」が開催されました。

何度か開催されているらしく、近くに住んでいながらはじめて訪れたのですが、
出店数も多く、開始直後の10時台はものすごい人で、びっくりしました~!
しかも、手作りマーケットということで、趣味の方、砂川近郊の作家さんがほとんどの中、
作家性が強く、さらに完成度も高く、温かみのある作品ばかりで、さらにびっくり☆
(失礼な表現だったらごめんなさい!単純に、すごい!と感激しました!)
こんなにたくさんの作り手さんが身近にいたなんて、知りませんでした。

また、札幌や旭川、遠くは伊達や美深などからも出店していらっしゃったので、
田舎ながらとっても充実したマーケットでした。

他に、ワークショップコーナーも充実していて、
軽食コーナーも広くて、ゆっくり休めるのがいいですね。

私も数点購入しましたが、また次回も来たいなと思いました☆
手作りのぬくもりのある雑貨がお好きな方、
ぜひぜひお勧めですよ!

《ブースの並ぶ通路。これはお昼近くですが、10時はもっとすごい人でした!》
e0227023_2204672.jpg


《滝川のyoihi*さん。羊毛・布小物。ヘアアクセ買いました☆ドライのアジサイリースもかわいかった~》
e0227023_2213017.jpg


《滝川のanimatoさん。麻ひも雑貨。コースター買いました☆バッグもすごくかわいい☆☆》
e0227023_223261.jpg


《札幌のRUMANさん。畳縁バック。軽くて丈夫!和の雰囲気がかわいい☆
 浴衣着たときにもつと、すっごくおしゃれでかわいいと思う。オーダーメイドしてくれるそうです!》
e0227023_2221776.jpg


《お店の方との触れ合いも、楽しいですよ~。》
e0227023_2223363.jpg


《大ホールとミニホールの軽食・休憩所。ワークショップスペースも壁際にあります》
e0227023_2232655.jpg

e0227023_2234550.jpg



《わたしの購入した手作りグッズ。リースは委託で出店していた札幌の作家さんのです。ステキ!》
e0227023_736174.jpg





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by pestisida-alam | 2013-12-10 02:42 | 地元訪問レポート | Trackback | Comments(2)

《地元訪問レポート》東儀秀樹トーク&ライブ2013@奈井江町文化ホール

こんばんは☆
今日はさくら記事の他にもう一つ。

先日、11月20日(水)、
奈井江町文化ホール「コンチェルトホール」にて、
奈井江町文化ホールオープン20周年記念コンサート、
『東儀秀樹トーク&ライブ2013〜雅の世界〜』が開催されました。

e0227023_19374553.jpg


奈井江町のコンチェルトホールでは様々なアーティストの
演奏が行われて来ましたが、演奏されたアーティストの方が、
その音に聞き惚れると言うほど、音響に優れていると
音楽関係者に高く評価されています。
(北海道空知総合振興局 そらち旅日記 Vol.2 より)

東儀秀樹さんのコンサートチケットは町民に先行発売されましたが、
私もせっかくの機会なので母と行ってきました!

異例のソールドアウト、1時間前開場(なんと指定席じゃない!驚きですね〜)、
開場前からの60数名の行列。
コンチェルトホール史上、こんな日は初めてかもしれませんね☆

それでも町職員の皆さんの真摯で迅速な対応と、
観客の方々の礼節があって、特に混乱は起こらず、
スムーズに開演されました。
記念事業とあって職員の皆さん総出で対応されていました。

ロビーには、雅楽器と狩衣(かりぎぬ)が展示されていました。
どれも、演奏に実際に使われるものだそうです。
詳しく説明してくださる方がいて、写真OKですよ!と勧められました(笑)

《東儀秀樹さんが身につけると言う狩衣。当時の普段着だったようです》
e0227023_19361116.jpg

e0227023_19371546.jpg


《左から、篳篥(ひちりき)、笙(しょう)、龍笛(りゅうてき)》
e0227023_19361852.jpg


正直言うと、雅楽も東儀秀樹さんのことも、ファンと言えるほどの
ものは持ち合わせていなかったのですが、
演奏は素晴らしいもので、お話も笑わせたり、考えさせられる部分もあり、
とても充実した時間を過ごすことができました。

東儀秀樹さんが帰国子女だったと聞いて、
お話してるなかから見えてくる、日本人離れした感性が、
なんとなく合点がいくように感じました。
また、雅楽だけではなく、音楽を楽しむということが、
ロックであれ、クラシックであれ、変わらないということ。
堅苦しく考えがちな古典音楽への姿勢が、
東儀さんのお陰でとても心地よく楽なものに変えられた気がします。

トーク半分、演奏半分。
お勉強のような雅楽の説明も、楽しく興味深いものにしてくださって。
雅楽器の音色も、説明を加えられると、とても興味がわきました。
実は大学時代、雅楽器の復元をした教授が学内にいらっしゃったので、
存在や経緯などは知っていたのですが、別の意味で興味がわきました。

音楽も素晴らしいものでしたので、
最近、有名曲ばかりをカバーしたアルバムを発売したそうですから、
一度聞いてみてはいかがでしょうか。

人の声のように暖かみのある篳篥(ひちりき)の音色、
天から光が降り注ぐような17の音色を奏でる笙(しょう)、
龍が空をかけるような高く自由な龍笛(りゅうてき)。
陰陽師(野村萬斎さんが出てる映画ありますよね☆)の世界そのままです☆

《電源きっていたので、もたもたしていたら、あっという間に退場。
 満席、270名ほど、たくさんの方が訪れていました》
e0227023_19364086.jpg

e0227023_19372624.jpg

[PR]
by pestisida-alam | 2013-11-24 19:57 | 地元訪問レポート | Trackback | Comments(0)

《地元訪問レポート》石釜ピザづくり体験@奈井江町交流プラザみなクル

こんばんは☆
今日も雪の勢いは衰えませんが、
明日からさくら地方は雨の予報で、
週末にはべっちょべちょになりそうです。
ドロドロよりは、雪で埋もれた方がきれいで良いですが、
このまま根雪になってしまっては、
畑の片づけと来年の準備が中途半端なまま。。。
悩ましいところです。。
さくらはそんなことにはお構いもせず、
雪のふかふかを楽しんでいます。
e0227023_1125170.jpg


さて、今回も地元訪問レポート、お届けします♪

先週の日曜、11/10(日)、
10月にオープンしたばかりの奈井江町交流プラザみなクルで、
石釜ピザづくり体験が奈井江町商工会の主催で行われました。

石釜ピザは奈井江町商工会で開発した、
地元食材を使って作った米粉のピザです。
奈井江町商工会の加盟店が協力して、
石釜、米粉、ピザ生地、トッピングに使うトマトやしいたけ、玉ねぎなど、
地元産のものを提供して作っています。石釜も手作りです☆
地元産食材を使ったメニューを開発して、
地元の飲食店に採用してもらおうと皆さん一生懸命です。

2~3年前から奈井江町のイベントなどで販売している石釜ピザですが、
今回、もっと地元の人々に親しんでもらおうと、
小中学生を対象に、無料でピザづくり体験できることになりました。

当日、ものすごい暴風雨(石狩は特にすごかったみたいですね)、
中止になるのかな?子供たちは来てくれるかな?
と心配になりましたが、50人を超える子供たちが集まってくれました。
みんな、戸惑いながらも、楽しそうにピザ生地を伸ばして、トッピングして、
焼きたての石釜ピザを嬉しそうに食べていましたよ☆

《商工会の会員の皆さんが作り方を丁寧に教えていました》
e0227023_0485942.jpg


《慣れない手付きながら、みんな上手に作っていましたよ☆》
e0227023_0492372.jpg

e0227023_051435.jpg


《寒い中、外で焼き続けていました。ご苦労様です。》
e0227023_0502851.jpg

e0227023_0575277.jpg

e0227023_184434.jpg


《嬉しそう&おいしそうですね☆食べてるところ、動画でしかとってませんでした~(汗)》
e0227023_0555321.jpg


私は撮影取材で伺ったのですが、
最後にピザづくり体験もさせていただきました。
米粉のピザはもちもちふっくらして、とってもおいしかったです。
早いときは2~3分で焼けるのも驚きで、
石釜のなかの火を覗きながら、ピザが焼けるのを見られるという、
貴重な体験でした☆

奈井江町のふれあい祭りや産業まつりなどにお越しの際は、
ぜひ、奈井江町産食材たっぷりの石釜ピザ、食べてみてくださいね☆
[PR]
by pestisida-alam | 2013-11-13 01:10 | 地元訪問レポート | Trackback | Comments(0)

《地元訪問レポート》奈井江町総合文化祭&郷土館

こんにちは☆
文化の日を含む三連休が終わりましたね。
みなさん、文化的な日々を満喫されたでしょうか?

文化の日と言えば「文化祭」。
市町村で行う文化祭は、おもに町民向けに行われる、
町民全体で参加する文化芸能の祭典なわけですけれど。
わたしも町民として(出品はしていませんが)鑑賞参加してきました☆

《子どもたちの画は和みますね。私の子ども時代よりレベル高い!》
e0227023_16123824.jpg

e0227023_16125444.jpg

e0227023_16124688.jpg


奈井江町では3日間、社会教育センターと
文化ホール「コンチェルトホール」で行われまして。
私が訪れたのは社会教育センターの公民館のホール。
たくさんの展示がありました。

《趣味のサークル、かく教室流派の方々の展示。素晴らしい作品多数です☆》
e0227023_16125495.jpg

e0227023_1613086.jpg

e0227023_16132289.jpg

e0227023_16133380.jpg

e0227023_16132988.jpg


子どものころは、自分の作品が飾られたりすると、
家族と観に行ったりして、他のみんなに見られるのが気恥ずかしかったものです。
でもそういうのが楽しかったり、そこで売ってるあんまんが美味しかったり。

町民だけのものですけど、参加者みんなが集えばなかなかの賑わいのはず。
私が行った11/4(月)は最終日でしたので、寂しげで残念、
11/2(土)にはコンチェルトホールで、踊りやカラオケ、たくさんの芸能発表も。
初日に行けば良かったと思いました☆

そして、同時に郷土館も開館していたので、
懐かしくなり立ち寄ってみました。

e0227023_16134398.jpg


《暗くて、人形が怖かった子供のころを思いだします。今も少し怖い。。》
e0227023_16135553.jpg

e0227023_16135962.jpg

e0227023_16141577.jpg

e0227023_16141288.jpg


《炭坑の写真、当時の道具など。爆発事故の記録を見ると胸がいたみます》
e0227023_16143682.jpg


当時と何も変わらず、立派な施設です。
大学時代に博物館実習を受けて、いろいろ博物館を見学しましたが、
その中でも丁寧で立派な展示物だと思います☆

三笠、岩見沢の炭坑街起こしブームにあやかって、
奈井江でも炭坑遺産にもう少しスポットを当ててみると、
奈井江町に訪問する人が増えるかもしれませんね☆

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by pestisida-alam | 2013-11-05 16:21 | 地元訪問レポート | Trackback | Comments(0)